子育ての難しさ

今の時代というのは、私達の先祖に当たる人達が脈々と引き継いできた果実です。私達はまた同じ様に、子供を育て、次代に引き継がせていくという責任があります。そうでなくとも、自分の子供には不都合なく生きていってほしい、と願うのは親としては当然の感情でしょう。そのためには、子供を健全に育てるということが欠かせません。「子育て」には様々な理論が存在しており、絶対の正解があるものではないのが難しいポイントです。それでは、子育てにおいて難しいのはどのようなポイントなのでしょうか。

まず大きいのが、「子供」とはいえ、人格を持った人間であるということです。親としてはどうしても自分の価値観で子供を育ててしまいがちですが、その価値観が子供に適合しているかどうかは分かりません。子供だから親の言うことを聞いて当然、と親側が思っていると、思わぬ躓きをしてしまう可能性があります。

そしてもう1つは、「自分が受けてきた教育」に強く依存してしまうことです。多くの人にとって、子育てというのは初めての経験となるもので、それまでに頼ることができる知識というものがほぼありません。そうなると、自分が子供の頃どのような教育を受けてきたのか、ということによって教育を行ってしまうことになります。これもやはり、子供に適合するとは限らないのです。

ここからは、子育てに於いて重要なポイントとなる「しつけ」について紹介します。子供のしつけには、どのような方法があるのでしょうか。