正しい叱り方を

それでは、子供を叱る場合には、どのようなことに気をつけるのが良いのでしょうか。ここでは、子供を叱る際に親が覚えておきたいポイントに付いて紹介します。

子供を叱るのは、あくまでも子供の教育のためです。親が自分がイライラするから、という理由で子供に大声を張り上げるのは、「叱っている」わけではありません。単純に自分も子供になって怒っているだけです。こういったことを行なっていれば、子供は萎縮するようになってしまうでしょう。

親はあくまでも冷静に、感情的になることなく子供を叱ることが重要です。何故、そういうことをしてはいけないのか、しっかりと納得ができるように説明をしなければなりません。子供は子供と侮って「ダメなものはダメ」というように、納得ができないような理由で叱り続けていると、子供が「何故ダメなのか」を理解できない上に、いずれ子供からの信頼を失墜させることにもつながります。大人に説明するのと同じように、理路整然と叱ることが重要です。

また、子供を大勢の前で叱る、というのも良い方法ではありません。子供は子供なりに、恥ずかしいという感情や自尊心を持っています。人前で叱ることは、これを大きく傷つけることになります。

叱らない教育?

昨今、特に若い親の間で流行している子育ての方法として「叱らない教育」というものがあるのをご存知でしょうか。これはその名前の通り、子供が何か悪いことをしたという場合も「叱る」ということをしない方法のことを言います。この叱らない教育については、様々な物議を醸しています。この教育方法が聞かれるようになってからはまだ余り時間が経っていないため、残念ながらこの教育が本当に効果的なものなのか、あるいは逆効果なのか、それを示す証拠はありません。

叱らない教育によって考えられる大きなメリットであるのは、子供が「萎縮しない」ということです。多くの人は、子供時代にしてはいけないことをして親に叱られ、それによってしてはいけないことを学んでいきます。この「してはいけないこと」が適切であればとかもく、そうでない場合には段々と子供は自主的に何かをやることを恐れるようになってしまいます。そうなると、自主性の低い子供になってしまうことがある、ということです。

しかし、叱らない教育を行う場合、本当に「してはいけないこと」が伝わらない可能性があります。そうなってしまうと、一般的なモラルを身に着けない成長をしてしまう可能性があることも否定できません。

子育ての難しさ

今の時代というのは、私達の先祖に当たる人達が脈々と引き継いできた果実です。私達はまた同じ様に、子供を育て、次代に引き継がせていくという責任があります。そうでなくとも、自分の子供には不都合なく生きていってほしい、と願うのは親としては当然の感情でしょう。そのためには、子供を健全に育てるということが欠かせません。「子育て」には様々な理論が存在しており、絶対の正解があるものではないのが難しいポイントです。それでは、子育てにおいて難しいのはどのようなポイントなのでしょうか。

まず大きいのが、「子供」とはいえ、人格を持った人間であるということです。親としてはどうしても自分の価値観で子供を育ててしまいがちですが、その価値観が子供に適合しているかどうかは分かりません。子供だから親の言うことを聞いて当然、と親側が思っていると、思わぬ躓きをしてしまう可能性があります。

そしてもう1つは、「自分が受けてきた教育」に強く依存してしまうことです。多くの人にとって、子育てというのは初めての経験となるもので、それまでに頼ることができる知識というものがほぼありません。そうなると、自分が子供の頃どのような教育を受けてきたのか、ということによって教育を行ってしまうことになります。これもやはり、子供に適合するとは限らないのです。

ここからは、子育てに於いて重要なポイントとなる「しつけ」について紹介します。子供のしつけには、どのような方法があるのでしょうか。